自宅で出来る歯のホワイトニング歯のホワイトニングは自宅でしよう

自宅で始めた歯のホワイトニング

実家の母が50歳になった途端、「口腔の調子が悪くなった。なんだかくすんできたみたい。」

とぼやくようになりました。

昔から、母の口元はすごく綺麗で、羨ましく思っていました。

笑うと真っ白い歯が光っていて、小さい頃から友達に「お母さん、可愛いね。」

と言われていました。

だからこそ、母がこのような愚痴を言うようになるとは思いもよらず、ただ、歯医者さんへ行くことを勧めるくらいしかできませんでした。

虫歯の治療以来、4~5年歯医者に行っていなかった母も、仕方がなく通院を始めたようで、メンテナンスや、勧められたホワイトニングの値段に、またも驚きの報告を受けました。

どうやら自宅でのお茶会の際に、ご近所さんへ相談したらしく、しばらくして、「自宅で出来るホワイトニングを始めたのよ。」

と言われました。

聞いてみると、どうやらそのアイテムは「重曹」

とのことで、手軽な商品で白さを手に入れられるのならいいなぁ、と感じました。

日々の積み重ねが効いているようで、還暦を過ぎた母の口元は、昔のように綺麗になっています。

接客や採用担当、社長秘書を任されてきた間、常に気にしていたのが、表情や口元です。

特に新卒採用担当だった3年間は、学生との対話一回一回が勝負と思い、いかに好印象を残し、弊社に興味を持ってもらうか、という所に力を注いでいました。

「いい感じの会社だな。」

と思ってもらう窓口の役割である、採用担当は責任重大でしたが、非常にやりがいがありました。

指先、つま先、髪の先まで気を配り、自宅では歯のホワイトニングに励みました。

歯医者さんで定期的にメンテナンスをするにはやはりそれなりのコストがかかるので、インターネットで調べて評判の良かった歯磨き粉を購入して、毎日のケアに努めました。

その時利用したサイトが、こちらです。

歯を自宅でホワイトニングする方法

評判通り、ホワイトニング効果抜群で、あれから5年近く使用しています。

職場の先輩、後輩、同僚にとどまらず、友人、知人も「どうやって綺麗にしているの?」

と聞いてきます。

自宅でのケアを伝えるとみんな驚き、手軽だね、と興味を持って聞いてくれます。

それだけ口元の印象がいかに大切か、それぞれ感じているのだと思います。