自宅で出来る歯のホワイトニング歯のホワイトニングは自宅でしよう

ホワイトニングのアイテム

先人の知恵、というべきなのでしょうが、重曹を使うと、ホワイトニング効果が期待できるそうです。

私の実家では年末の大掃除に、母が重曹を使い、シンクや浴槽の汚れを落としていたので、歯のホワイトニングにも利用できると聞いた時に、なるほどと思いました。

コストを掛ければ、タレントさん顔負けの綺麗な歯を手に入れる事が出来ますが、私達にとって、お金も時間も手間も、そこまで掛けていられないのが実情だと思います。

そんな状況だからこそ、重曹というドラックストアでも、スーパーでも簡単に手に入るアイテムを毎日の歯磨きに加え、白く輝く口元を手に入れてはいかがでしょうか。

人目を気にして、口を隠して笑ったり、はっきり口を開けて話さないような毎日では、窮屈さを感じてしまいますが、ちょっとした変化で、毎日がぐっと変わるかもしれません。

少なくとも、重曹でホワイトニングに成功した母は、60歳を過ぎてもなお、自信を持って旅館で接客をしています。

年齢やコスト、手間を言い訳にせず、出来る所から取り組めば、人生はもっと明るく楽しいものになるでしょう。

歯を白くするには磨いたり、削ったり、塗ったりするだけでなく、「食べて」

ホワイトニング効果を期待できる食材があることをご存知でしょうか?

私自身、ホワイトニングに興味を持ち始めたのは社会人になって、ワインを飲んだり、カレー好きの上司にランチに誘われるようになってからです。

着色汚れ、というキーワードを耳にするようになったのも、ここ10年くらいの話ですが、やはり毎日のケアを怠ると、あとあと大きなツケがまわってきます。

紅茶やコーヒーの茶渋や、赤ワイン、カレーなども歯を黄ばませる原因ですが、逆に、オレンジやリンゴは、歯を白くしてくれるそうです。

私の友人は出会った頃から、何かと多忙で、働きアリか、コマネズミのように何かしら予定を入れて行動しているタイプなので、この「食べる」

ホワイトニングをほぼ毎朝実践しています。

私が彼女の家に泊まりに行った翌日の朝食にも、デザートにリンゴが出てきました。

彼女曰く、「美容にも良い、健康にも良い、ホワイトニング効果も期待できるなら、一石二鳥ならぬ、一石三鳥よ!」

との事です。