自宅で出来る歯のホワイトニング歯のホワイトニングは自宅でしよう

ホワイトニングの効果

あれは営業店から本社へ抜擢人事があった、入社1年目の冬の事です。

本社には私の他に新入社員はおらず、5年目10年目のベテラン社員が机を並べていて、最初の2、3日は緊張のあまり、手のひらにびっしょり汗をかくほどでした。

慣れない仕事に戸惑いながら、また先輩との距離に悩みながらの毎日でしたが、ある時社長の運転手さんと、お話しする機会がありました。

その人から私が日頃、一生懸命挨拶をしている姿、雨の日の来客対応で、綺麗なタオルを用意して待っていた事などを褒めて貰い、すごく励みになりました。

その時に「笑顔がいいんですよ。にこっと笑うと綺麗な歯が見えて、好印象なんだと思います。」

と言われました。

社会人になり、どんなに忙しくても毎日湯船に浸かって疲れを落とすことと、歯のホワイトニングを意識することを続けていた私にとって、認めて貰えた瞬間となりました。

会社でのお付き合いでコーヒーや紅茶、赤ワインを飲んだ日は特にホワイトニングを意識し、着色汚れを残さないように気をつけていました。

地道に続けていて、本当に良かったと思います。

新卒で入社した会社では、「名刺を作成する際、裏面には必ず、にこにこ顔の写真を入れるように!」

という社長のお達しがありました。

内定者から還暦を迎えた社員まで皆が出来る限りの笑顔で写真を撮影し、業者に依頼していたのですが、中には「タバコのヤニで歯が黄ばんでいるから・・・。」

、「茶渋で歯が茶色いから、せめて口をつぐんで笑おう。」

という先輩社員がいました。

確かに、白いロールスクリーンを背景に、ライトを当てて撮影していたので、顔色や表情、口元はよく映り、人によっては憂鬱な撮影会になってしまう場合もあるようでした。

そんな中、女性の先輩たちはホワイトニングで輝く歯を見せて、撮影を楽しんでいたのが印象的です。

中には自宅でケアしている人、貯めたボーナスで上下8本を綺麗にした人、フリーペーパーで割安だったから、ホワイトニングに挑戦したという人もいました。

歯に自信が持てると表情も明るく、顔色の映りも良いように感じました。

ちょっと憂鬱そうだった先輩達はその話を聞いたり、撮影の様子を見て、自分達もメンテナンスしようか、と興味を持った様子でした。