自宅で出来る歯のホワイトニング歯のホワイトニングは自宅でしよう

ホワイトニング効果が期待できない食材

歯の組織を学ぶと、美しく保つための秘訣が理解できます。

例えば、クエン酸は歯の表面を溶かしてしまう作用があるので、一見ホワイトニング効果が期待できるように感じますが、拡大して見ると、凹凸が出来て、大きなダメージを与えてしまいます。

また、エナメル質も薄くなってしまうので、クエン酸が含まれるお酢やレモンの過剰摂取には注意が必要です。

日常的にガブガブ摂る人は少ないと思いますが、例えば妊娠中だと、つわりの影響で、食べ物の好みが極端に変わる事があります。

実際私のイトコは、レモンが大の苦手だったにも関わらず、妊娠発覚後レモンやグレープフルーツがすごく食べたくなったそうで、ほぼ毎日絞って飲んだり、果実を食べていたそうです。

なお、妊娠時は胎児へ栄養が送られる分、母体のカルシウムも減るので、レモン、お酢の摂取をなるべく控え、小魚を食べたり牛乳を飲んだりして、うまく補っていくことが大切です。

摂取する食材やホワイトニングに関して少し意識するだけで、数年後の自分自身の体調やスタイルに大きな影響が出るので、これからお母さんになる人には、ぜひ心がけてもらいたいと思っています。

冷蔵庫の中身にちょっと注目してみると、コーラをはじめ多くのジュース類には着色料が使用され、赤ワインや紅茶にはタンニンが含まれています。

これらの食材には、ホワイトニングとは真逆の効果があり、過剰に摂取したり、ケアを怠ってしまうと、白い歯からどんどん遠ざかってしまうでしょう。

他にも、果物だとブルーベリーが良くなかったり、コーヒーや、カレーライスも悪影響があるようです。

しかしながら、どの食材も美味しく、これからずっと食べないわけにはいきません。

だからこそ自宅での日々のケアを実践し、ホワイトニングを行いながら、楽しく食事ができたらと思います。

あれもダメ、これもやめておこうと避けていては、家族との団らんも、友人とのコミュニケーションも味気ないものになってしまいます。

歯を着色してしまう物について知識を得ながら、その対処方法も学び、うまく付き合っていくことが最善の方法だと思います。

年を重ねても、自分自身の美しい歯で話したり、食べたりしたいものです。